敬老の日のお祝いメッセージ文例集


keirou2015
こんにちは!yosettiの大崎です。

今年の敬老の日に、おじいちゃん・おばあちゃんに何を贈ろう?とお悩みの方も多いのではないでしょうか?
高級なモノでなくても家族からの気持ちがこもったプレゼントであればきっと喜んでくれるはずです。

そこで、今年はいつもと趣を変えて、家族全員から日頃の感謝の気持ちをこめた「寄せ書き」をお届けするというのはいかがでしょうか?

yosettiではオンラインで寄せ書きを集めることができるので離れたところに住んでいる親戚からも簡単にメッセージを集めることができるのでオススメです!

そもそも敬老の日とは?

敬老の日は9月の第3月曜日、老人をうやまい長寿を祝う日となっています。
国民の祝日に関する法律により「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」趣旨で 1966年に定められました。

何歳からお祝いすればいいの?

敬老の日を何歳からお祝いすればいいのでしょうか?
実は決まった年齢はなく、一般的には還暦のお祝いがある60歳が目安となっています。

60歳は還暦、70歳は古希、80歳は傘寿、タイミングをみてメッセージにお祝いの言葉を入れてみてはいかがでしょうか?

毎年違う!2020年までの敬老の日

東京オリンピックが行われる2020年までの敬老の日を調べてみました。

2015年 9月21日
2016年 9月19日
2017年 9月18日
2018年 9月17日
2019年 9月16日
2020年 9月21日

敬老の日は、年によってお祝いの日付が変わるので注意が必要ですね。

お祝いの際に気をつけるポイント

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」趣旨ですが、あまり難しく考えず、日頃の感謝を伝えましょう。
また今の60歳はまだまだ現役世代ですので、これからも変わらず、応援するメッセージがオススメです。

お寄せ書きにも使える!敬老の日のメッセージ文例

敬老の日のお祝いメッセージに困った時に例文を用意しました。
例文にちょっとしたエピソードなんかを付け足せば喜ばれること間違いなしです。 工夫して使ってみてくださいね♪

孫からのメッセージ

元気にしてますかー?中々会いに行けないけど元気でいてね!
おじいちゃん元気ですか??最近{{近況を入力してください}}です!中々、会いに機会がないけど必ず行くね(^_^)元気に無理せずこれからも過ごしてね\(^o^)/
いつもありがとう!!おじいちゃん、おばあちゃん 大好きだよ(^^♪ 長生きしてね!
おじいちゃん、おばあちゃん、いつもありがとう(>.<)/♪なかなか会えないけれど、元気でいてください。
ばあちゃんはいつも楽しそうでとても素敵です!私もばあちゃんみたいになれるように頑張ります(^。^)いつまでも長生きしてね^_^いつも元気をありがとう!

孫(赤ちゃん)からのメッセージ

yosettiにはメッセージの「代筆機能」があります!まだ文章を書けないお子様のメッセージは親御さんが代筆してあげてくださいね♪

いつもかわいがってくれてありがとう
おばあちゃんいつまでもながいきしてね。だーいすき♡
ぱぶぱぶ(おじいちゃんだいすき)
おばあちゃん、いつも僕と遊んでくれてありがとう!重くなってきたのに抱っこしてくれてありがとう!これからもいっぱいいっぱい遊んでね。

子供からのメッセージ

お母さんの元気な姿に私も元気をもらっています。ありがとうございます。これからも元気でいてください。
目指せ100歳!元気なお父さん夫婦が私の自慢です(^^)これからも体に気をつけて元気で長生きしてね♡
いつも元気で色々なことを楽しんでるお母さんに元気をもらっています。ありがとう!
いつも元気で明るいお母さんは私の自慢で目標の人です!これからも健康に気をつけて、長生きしてください!
いつもサポートしてくれてありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
いつまでも、お元気で孫たちをあたたかく見守っていてください(^^)

敬老の日に家族で寄せ書きを贈りませんか?

about
寄せ書きの新規作成とウェブでお届けは無料でご利用いただけます。
どうぞお気軽にお試しください♪
→全てのデザインを見る

オンライン寄せ書きyosettiとは?

ヨセッティ(yosetti)はオンラインで寄せ書きをお届けするWebサービスです。 出来上がった寄せ書きは、「Webでお届け(無料)」「PDFデータを購入」「プリントしてお届け」の3つの方法でお届けします。

「プリントしてお届け」の場合は専用のケースに入れてお届けします。
なんとyosettiの配送は平日12時までに決済いただければ最短翌日の午前中にお届け!*
お急ぎの時にもぜひご利用くださいませ!
*お届けにかかる日数は地域によって異なります。詳しくはこちらをご確認ください。


相田みつを寄せ書き